フーが亡くなりました。

フーが亡くなりました。

11月19日の夜明けごろ、

私と主人が両側から添い寝している中、眠ったまま旅立ちました。

15年と4か月、がんばりました。

 

18日の午前中の私のレッスンがある間は、眠っているフーに主人が付き添ってくれました。

私は、自分の希望も大きく入っていて、まだ、大丈夫と思っていました。

薬がうまく合ってくれて、痙攣が収まれば、また食べれるようになって、

また少しずつ動けるようになって、そんな風に生きていってくれてるワンちゃんがいっぱいいるから…

フーもそうなってくれるかもと。

 

交代で主人が締め切りの仕事を大急ぎで片づけに行きました。

主人は、待っててな、待っててなとフーに声をかけていたので、もう危ないと思っていたのだと思います。

レッスンが終わって、体を拭いたり、体位を変えたりしている間に、

フーが目を覚まして私を確認して鳴きましたが

ほとんど声は出ませんでした。

痙攣もしていなかったので、座薬は入れず、

横に寝て、声をかけたり、撫でたりして主人の帰りを待ちました。

意識はずっとあって、私が離れると鳴くようなしぐさをし、急いで戻ってくると目で確認していました。

お水も少し飲んでくれました。

お水を舌でぺろぺろしたので、私はまた希望を持ってしまいました。

 

やっと深夜の1時に主人が仕事から帰ってきて、

横で寝てくれたのを確認してからまた眠りに落ち、

そのまま目を覚ましませんでした。

 

 

亡くなる前の10日ほどは苦しかっただろうと思います。

苦しんでいた姿が忘れられません。

それでも、もう少しお世話したかった。

 

半年前、徘徊や、旋回が始まったころから、

きっとしんどかったね。

私は最初、認知症と思っていたので、徘徊は仕方がないと見守っていました。

でも、歩き続けたあと、疲れて寝るだけでなく、舌が震えて、体が震えだして、

神経症状が出始めて、やっと脳腫瘍を疑い始めて…

脳腫瘍ってもって早くわかっていたら?

もっとなんとかできたのかな。。

頭も痛かったの?

 

今は小さなお骨になって、お家に戻ってきています。

 

もう、歩かなくていいし、どこも痛いところはないね。

安らかな旅立ちだった。

 

それはわかっているけれど、

フーがいないのが

こんなに寂しいとは。

 

フーをいつものように抱っこしたい、さわりたい、話しかけたい。

 

レッスンが終わるのを下の部屋で待っていたフーは、生徒のみなさんに帰り際声をかけてもらうととても満足そうでした。

終わるの、がんばって待っていたのよって顔で。

 

長年、フーをかわいがってくださった、そして心配してくださった皆様

本当にありがとうございました。

フーはみなさんのおかげで幸せだったと思います。

 

 

| | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

フーちゃん

ここのところずっと、フーのことは、インスタの方に写真をのせています。

見てくださっている方も多くて、ありがたいです。

久しぶりにブログにフー、登場です。

フーは幸せ者で、子犬の時からずっと多くの生徒さんたちにかわいがってもらってきましたので、

ちょっと今の状況をご報告を…

 

ここ10日ほど、フーの調子が急に悪化しました。

春ごろから、下痢がなおらなかったり、

夜中の徘徊や、旋回が始まり、

老いが始まったのだなあと、せつない気持ちではいましたが、まだまだ元気と思っていました。

11月の初めごろは、下の写真のように、まだ元気でした。

おむつをして、徘徊、旋回などはあっても

ご飯を食べて、お散歩も少しいってました。

時々、そばに来て、そっと寄り添ってくれていました。

でも、ここ10日ほど、急に調子が悪くなり、神経発作や、発作に伴う激しい鳴き声、

舌や体が震えて、飲食が難しくなり、

ほぼ歩けなくなってしまいました。(涙、涙)

ずっとお医者さんには通っていて、痴呆の症状だろうと、私もそう思っていたのですが、

腫瘍の専門医の先生に診て頂いたところ、脳腫瘍だという事でした。(涙)

もう手の打ちようがなく、

なるべく発作を抑えて穏やかに過ごせるように、薬を上手に使って、

痙攣等が収まっているときに、なんとか食べて、飲んでもらって、

それで、なんとかやっていこうと先生とお話ししました。

 

長生きしてね、長生きしてねとずっとお願いしてたので、ここまで頑張ってくれたのだと思います。

15歳を元気に迎えてくれたんだから、まだ、もうちょっと頑張ってほしい…私のわがままかなあ。

 

これからのフーとの時間、大切に過ごしていきたいと思います。

お世話できる時間を与えてもらえてよかったと思います。

 

 

| | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ふーのお誕生日

今日は、ふーのお誕生日です。

満15歳になりました。

まだまだ元気…と思いたいけれど、

出来ないことが増えてきました。

ご飯を上手に舌に巻き込んで食べられなくなってきました。

よく見てると、舌で押すばかりで、表面を舐めているだけ。全然口の中に入っていかない…

これではだめだと、スプーンで食べやすい量をすくって、へらで少し口元に押してあげると、

うまく食べてくれるようになりました。

はぐはぐと食べてくれて、とてもうれしく安心しました。

これで、おなかいっぱい食べられるし、体重も維持できる…

いっぺんにたくさん食べるのは負担なようなので、朝、昼、晩に分けてあげています。

 

ご飯は消化器用の療養食i/dのフードふやかし、

i/dの缶詰をたっぷり混ぜてあげると、食欲も出て、おなかの調子も安定してきました。

しばらくこれでいけるかな…

とことこと、調子よく歩いているかと思うと、なんにもないところでつまずくし

狭いところに入ってしまって、動けなくなっていることもあります。

なんで、狭いところに頭を入れてしまうのかな?

ふー自身にもわからないことなのでしょう…

 

15歳、ふーの老いを受け入れつつ、

ふーの暮らしやすさを見つけて、

もっと一緒に過ごしていきたいなと思います。

ふーちゃん、15歳のお誕生日おめでとう!

 

 

 

| | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

安定しない。

一時下痢に苦しんでいたフーですが、一旦は治り、順調は日々を過ごしていました。

 

が、ゴールデンウイーク明けの一時寒かった時期に冷えてしまったのか、

またもや下痢が始まり、夜もしっかり眠れず、かわいそうなことに…

お薬もずっと飲んでいたのに…

ワンちゃんも腹巻をすると効果があるかと思い、

この1週間ずっとさせていました。

 

その効果があったのかどうかわかりませんが、

やっと今日ぐらいから、普通になってきました。

昨日、今日は暑いくらいの陽気でしたから、フーのお腹にはよかったのかもしれません。

 

お散歩に行く元気もまた出てきました。

よかった〜!

 

| | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ふー

 

14歳と9か月のフー、すっかりおばあちゃんになりました。

ご飯を食べるときも、座って食べるようになりました。

 

3月の終わりから4月にかけて2週間以上、

下痢が続き、

夜中も続き、

下痢止めのお薬も、注射も効かず…

どんどん痩せて脱水症状になっていくので、点滴をして…

一時は余命の宣告までされて(腎不全という結果で)

涙の日々だったのです…

ちょうど桜が満開の頃でした。

フーとみる桜もこれが最後だと覚悟しました。

 

が、あるお薬が効いて、

それとフーの生命力が勝ったのか、

下痢が止まり、ゆるゆるですけどお散歩にも行けるようになりました。

食欲も増して、体重も減った分を取り戻しました。

 

これからこういうことを繰り返して、老いていくのでしょうね。

フーから学ぶことは多いです。

なにかあっても、私がおたおたせずにちゃんとして居て

毎日を機嫌よく過ごさせていきたいです。

 

| | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

復活してきました。

 

皆様にご心配をかけているフーですが、

また、元気になってきました。

 

力が入りにくくなっていた左後脚も少ししっかりしてきました。

どうやら、ヘルニアになっていたようで、

痛みどめを定期的に飲ませたり、段差の上り下りをやめさせたり

ご飯などの時に踏ん張りやすいシートを敷いたり。

そして、コラーゲンだっぷりの鶏肉などのお肉をたっぷり食べてもらったりしているうちに

顔色がよくなり、

顔つきも晴れてきました。

よかった〜!

痛みがとれてきたのかな?

 

きっと足、又は坐骨神経痛の痛み?で、夜も落ち着いて寝られなかったのかもしれません。

痛みで、表情がなくなって、目が虚ろだったのかも…(涙)

 

今はだいぶ落ち着いて、

結局まだベッドで一緒に寝ています。

ベッドの上り下りもソファやマットなどで段差をなくして、でも基本抱っこで。

ベットから落ちないようベッドの周りに囲いをしました。

 

まだ夜中、くるくると回って落ち着かないことはあるのですが、

それは主人が仕事で不在の時。

歳がいくと不安感や、甘えんぼ度が増すようです。

 

フーにあわせて、柔軟にライフスタイルを変えていかなくちゃいけないなあと思います。

 

 

 

 

 

 

| | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

フーが急に・・・

我が家の愛犬、フーは14歳と半年。

よく頑張ってくれていますが、

この一か月ほどで急に老け込んだ感じ…

 

つい2,3か月前まで2階のリビングに軽快に上がっていたのに、

途中で上がれなくなってしまって階段の踊り場でじっとしていたり

下るときに階段から落ちたり、(私の心臓が止まる!)

ベッドの上でぐるぐる回りすぎて、(ずっと回ってしんどそうなので途中で止めるけど、また回る。)

足を踏み外して落ちたり…

ひやっとすることが多くなって

階段上り下りは禁止。

勝手に上り下りできないように、柵を設けて、私が抱っこで上り下り。

体のバランスもとりにくくなったようで、

ごはんが食べにくいみたい。

前かがみができにくく、どんどん前へつんのめってしまう。

少し台で高くしてあげると、食べやすくなったみたいで、

たくさん食べてほしいので、鶏肉や鰹節をフードの上につい大盤振る舞いしてしまいます。

おかげで食欲は戻ってきたけれど。

     

ここ、3か月ほどは、夜中あまり寝なくて

ベットの上でぐるぐる回る(必ず私の体を一度は踏む)のをずっと繰り返したり、

ベットから降りて廊下を徘徊して、又ベットに上って、また降りて…をずっと繰り返す。

 

獣医さんは、ベッドへの上がり降りが足腰によくないから、ベッドで一緒に寝るのも

そろそろやめた方がいいとおっしゃるし、

ずっと起こされて、眠れない私や主人もそうしないと…思います。

 

でも、一人で、自分のベッドでちゃんと寝てくれるのか?

ベットに上がれないようにしても、

「ベットに上げて、上げて、一緒に寝たい!」という寂しがりのフーの視線に、私が堪え切れるのか、自信がありません。

でも、そろそろ、そういう時期になってきたのかも。

 

ちょっと痴呆が入ってきたのかなあ…

目を見たらしっかりしてるし、まだまだ遊んだり甘えたりするんだけどなあ…

愛犬の老いを受け入れないといけないけれど、切ないです。

 

 

 

 

| | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

レスキュードッグ?

 

急に一月中旬並みの寒さになりましたね。

我が家の愛犬、ふーは歳をとって痩せたせいか

家の中にいても寒さがこたえるらしく、

特に夜寝ているときも、ぶるぶる身を震わせているので、

新しい服を買ってあげました。

 

以前のようなセーターではなく、

中綿が入っている、ダウンのようなベストです。

黄色と紺色のリバーシブル。

温かいらしく、

震えが収まりよく寝るようになりました。

 

鮮やかな黄色で、一見お仕事するワンちゃん、レスキュー犬や麻薬発見犬に見える・・・のは、

飼い主の欲目でしょうか。

おっ、かっこいいね!と時々声をかけてます。

 

| | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

とりあえず、ほっ…

ふーちゃん、お医者さんに行ってきました。

 

やはり、膀胱炎とのことで…

結石とかはないらしくて、ちょっと安心。

先生がおっしゃるには

膀胱炎は、冷える冬によくなる病気ですが、

この頃は逆に、冷房をよくきかせたこの真夏にも増えてきているそうです。

この時期、膀胱が荒れて、血尿で来院するワンちゃん猫ちゃんは多いとのことでした。

そうだったんですね…

夏バテを気にして冷房を利かせすぎたかなあ…

 

まずは下痢を治さねばとのことで、

食事もまた変えることになりました。

 

この、暑い夏を元気に乗り切るために、

老犬ちゃんはいろいろ工夫が必要です。

一緒にがんばろうね、ふーちゃん。

 

 

| | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ふー、元気なのに。

ふーちゃん、

最近は食欲もあり、元気なんですけど…

さっきから血尿が出て…

 

数日前から、また下痢気味でお薬を3日ほど飲んでいますが、

もう一つ芳しくありません。

 

その上、先ほどから、血尿を5回ほど。

これは、どうしたことか?と

不安で、胸がドキドキ。

膀胱、尿路結石?

膀胱炎?

 

普通にお散歩に行き、

晩御飯も、美味しそうに食べていたのに。

どこか痛そうな感じでもないし…

落ち着かない感じもあるけど、下痢のせいでもありそうだし…

 

とにかく明日、朝一番で病院へ行かなくちゃ。

心配…しても仕方ないけど、心配。

どうか、大したことない軽い病気でありますように。

 

| | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM