復活してきました。

 

皆様にご心配をかけているフーですが、

また、元気になってきました。

 

力が入りにくくなっていた左後脚も少ししっかりしてきました。

どうやら、ヘルニアになっていたようで、

痛みどめを定期的に飲ませたり、段差の上り下りをやめさせたり

ご飯などの時に踏ん張りやすいシートを敷いたり。

そして、コラーゲンだっぷりの鶏肉などのお肉をたっぷり食べてもらったりしているうちに

顔色がよくなり、

顔つきも晴れてきました。

よかった〜!

痛みがとれてきたのかな?

 

きっと足、又は坐骨神経痛の痛み?で、夜も落ち着いて寝られなかったのかもしれません。

痛みで、表情がなくなって、目が虚ろだったのかも…(涙)

 

今はだいぶ落ち着いて、

結局まだベッドで一緒に寝ています。

ベッドの上り下りもソファやマットなどで段差をなくして、でも基本抱っこで。

ベットから落ちないようベッドの周りに囲いをしました。

 

まだ夜中、くるくると回って落ち着かないことはあるのですが、

それは主人が仕事で不在の時。

歳がいくと不安感や、甘えんぼ度が増すようです。

 

フーにあわせて、柔軟にライフスタイルを変えていかなくちゃいけないなあと思います。

 

 

 

 

 

 

| | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

フーが急に・・・

我が家の愛犬、フーは14歳と半年。

よく頑張ってくれていますが、

この一か月ほどで急に老け込んだ感じ…

 

つい2,3か月前まで2階のリビングに軽快に上がっていたのに、

途中で上がれなくなってしまって階段の踊り場でじっとしていたり

下るときに階段から落ちたり、(私の心臓が止まる!)

ベッドの上でぐるぐる回りすぎて、(ずっと回ってしんどそうなので途中で止めるけど、また回る。)

足を踏み外して落ちたり…

ひやっとすることが多くなって

階段上り下りは禁止。

勝手に上り下りできないように、柵を設けて、私が抱っこで上り下り。

体のバランスもとりにくくなったようで、

ごはんが食べにくいみたい。

前かがみができにくく、どんどん前へつんのめってしまう。

少し台で高くしてあげると、食べやすくなったみたいで、

たくさん食べてほしいので、鶏肉や鰹節をフードの上につい大盤振る舞いしてしまいます。

おかげで食欲は戻ってきたけれど。

     

ここ、3か月ほどは、夜中あまり寝なくて

ベットの上でぐるぐる回る(必ず私の体を一度は踏む)のをずっと繰り返したり、

ベットから降りて廊下を徘徊して、又ベットに上って、また降りて…をずっと繰り返す。

 

獣医さんは、ベッドへの上がり降りが足腰によくないから、ベッドで一緒に寝るのも

そろそろやめた方がいいとおっしゃるし、

ずっと起こされて、眠れない私や主人もそうしないと…思います。

 

でも、一人で、自分のベッドでちゃんと寝てくれるのか?

ベットに上がれないようにしても、

「ベットに上げて、上げて、一緒に寝たい!」という寂しがりのフーの視線に、私が堪え切れるのか、自信がありません。

でも、そろそろ、そういう時期になってきたのかも。

 

ちょっと痴呆が入ってきたのかなあ…

目を見たらしっかりしてるし、まだまだ遊んだり甘えたりするんだけどなあ…

愛犬の老いを受け入れないといけないけれど、切ないです。

 

 

 

 

| | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

レスキュードッグ?

 

急に一月中旬並みの寒さになりましたね。

我が家の愛犬、ふーは歳をとって痩せたせいか

家の中にいても寒さがこたえるらしく、

特に夜寝ているときも、ぶるぶる身を震わせているので、

新しい服を買ってあげました。

 

以前のようなセーターではなく、

中綿が入っている、ダウンのようなベストです。

黄色と紺色のリバーシブル。

温かいらしく、

震えが収まりよく寝るようになりました。

 

鮮やかな黄色で、一見お仕事するワンちゃん、レスキュー犬や麻薬発見犬に見える・・・のは、

飼い主の欲目でしょうか。

おっ、かっこいいね!と時々声をかけてます。

 

| | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

とりあえず、ほっ…

ふーちゃん、お医者さんに行ってきました。

 

やはり、膀胱炎とのことで…

結石とかはないらしくて、ちょっと安心。

先生がおっしゃるには

膀胱炎は、冷える冬によくなる病気ですが、

この頃は逆に、冷房をよくきかせたこの真夏にも増えてきているそうです。

この時期、膀胱が荒れて、血尿で来院するワンちゃん猫ちゃんは多いとのことでした。

そうだったんですね…

夏バテを気にして冷房を利かせすぎたかなあ…

 

まずは下痢を治さねばとのことで、

食事もまた変えることになりました。

 

この、暑い夏を元気に乗り切るために、

老犬ちゃんはいろいろ工夫が必要です。

一緒にがんばろうね、ふーちゃん。

 

 

| | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ふー、元気なのに。

ふーちゃん、

最近は食欲もあり、元気なんですけど…

さっきから血尿が出て…

 

数日前から、また下痢気味でお薬を3日ほど飲んでいますが、

もう一つ芳しくありません。

 

その上、先ほどから、血尿を5回ほど。

これは、どうしたことか?と

不安で、胸がドキドキ。

膀胱、尿路結石?

膀胱炎?

 

普通にお散歩に行き、

晩御飯も、美味しそうに食べていたのに。

どこか痛そうな感じでもないし…

落ち着かない感じもあるけど、下痢のせいでもありそうだし…

 

とにかく明日、朝一番で病院へ行かなくちゃ。

心配…しても仕方ないけど、心配。

どうか、大したことない軽い病気でありますように。

 

| | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

魔法の粉

 

ふーの怪我も無事に治り、ほっとしてます。

食欲のむらは相変わらず。

 

それで、最近は魔法の粉をたっぷりかけ、全体にまぶすことにしました。

魔法の粉は、ただの鰹節の粉なんですが。

興味を示して食べてくれるようになってよかった〜、と思っていると

フードに着いた粉だけぺろぺろと舐めてフードは吐き出すという事も覚えました。

う〜ん、これからいろいろトッピングを考えねばいけないかなあ。

でも、トッピングだけでおしまいにされては栄養バランスが悪くなりそうだし。

たくさん食べてほしいなあ。

 

 

 

 

| | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

りんご、大好き

今月のレッスンは、リンゴをたっぷり使うので、レッスン前に皮をせっせと剥いています。

 

リンゴが大好きなふーは、私の足元でリンゴの皮がもらえるのを待ちます。

リンゴが好き過ぎで、ふるえながら待っています。

あんまり待たれると、すごいプレッシャーで、私も焦ります。

 

今月は、なんか気忙しくリンゴの皮をむくんだろうなあ。

 

 

もうひとつのレッスンのお菓子は、洋ナシを使うので

早めに買って、追熟させています。

 

これまたふーの好物で、皮を頂いています。

ちょっと実の端っこを多めにあげようものなら、尻尾を振り振りいただいています。

 

| | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

待合室

 

ふーの結膜炎、おかげさまでほぼ治りました。

私のさし方が下手で、

目薬はかなりその辺に飛び散りましたが・・・

 

病院へ行くのは苦手ですが、

待合室で、他のワンちゃん、ネコちゃんたちに会えるのがちょっとした楽しみです。

彼らは、一様に神妙な顔をして大人しく待っていて、またそれがかわいいのです。

エリザベスカラーでドアの前でつっかえながら入ってくる子や、

入るのをしり込みする子に、がんばれ〜といいたくなる。

いつの間にか飼い主さん同士で話し始めることも多くて

緊張の待ち時間が少し和みます。

 

先日は、年配のご夫婦3組とワンちゃんたち3匹でした。

保護犬のシーズーを引き取られたご夫婦のお話を聞いて、ジーンとしたり。

エリザベスカラーの柴犬がキューっと鳴くと、

「大丈夫か、○ちゃん、大丈夫か?」と、一見無愛想に見えていた御主人がとてもあわてて覗きこむ姿に、またジーンとしたり。

つい、感情過多になりすぎる私です。

 

ふーは診察室に入る時、怖くて尻尾をお尻に入るそうなくらい丸め過ぎていて、

ちょっと皆さんに笑われながら「がんばってきいや〜」と声援を受けていました。

 

 

 

 

 

| | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

夏風邪と結膜炎

 

涼しくなって喜んでいたら、すぐに夏風邪をひいてしまいました。

気温差についていけない自分が情けない。

胃が冷えていて、喉が痛くて…ひたすらうがいをして過ごしています。

皆様もどうぞ、ご自愛くださいね。

 

胃が、キューとなった原因の一つは

一昨日、ふーが目の病気になったこともあるかも…

朝起きて挨拶に来たふーをみると、右目が半分ふさがっていて赤く充血しています。

気にして前足で掻こうとするし、掻くと余計に傷がつく〜

こんな日に限って主治医の医院はお休み。

一日様子を見るか、でも一日の遅れが悪化させたらどうしようと心配性の私はオロオロ。

それで以前診てもらった眼科に秀いでた動物病院へいくことにしました。

幸い、ほとんど家にいない主人がたまたまこの朝は在宅で、病院へ一緒に行ってもらえました。

色々検査して、(その検査を見守っているのが気疲れしました、ふーがガタガタ震えるので)

結局、結膜炎ということで、角膜に異常はなくてほっとしました。

でも、さかまつ毛が沢山あるとのことで、

看護師さんが一本一本抜いて下さったのですが、これが結構大変でした。

ふーにとってはピンセットが目に迫ってくるわけで、わけがわからずそれは怖かったでしょう…

主人がふーを押さえこんで、看護師さんが抜くのですがピンセットでまつ毛をつまむのは大変。

全部抜き終わった後は人間もワンコもハアハアという感じ。

 

帰宅した後は、目薬2種類を一日3回。

これが、またひと騒動なのですが、

薬のおかげでほぼ腫れが引き、目の充血も収まってきました。

 

13歳のふー、耳がもうほとんど聞こえないだけに

せめて目は大事にしてあげたいと思います。

 

 

| | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

すこやかに



ふーの耳のしこりの病理検査の結果がわかりました。

幸い、がんなどの悪性ではありませんでした。
本当に良かったです〜

でも、肉腫であることはまちがいなく、
外耳炎症を繰り返してできたタコや、いぼのような単純なしこりではないそうです。
先生は、タコやいぼであってくれたほうがよかったんだけど…とおっしゃっていました。
肉腫は、またすぐ大きくなったりする可能性があるそうなので…

私にできることは、気を付けて見ていくことと、
お薬をちゃんと入れること。

当の本人は、手術前より元気になったように思います。
耳の奥にお薬が届くようになって、痛みがましになってきたのか…?
無心にボール遊びをし、熊さんをかわいがり、夕方に楽しくお散歩に出かけています。

どうぞ、これから痛みなく、健やかに過ごせますように!

 
| | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM